上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮城県亘理町からは、わたりのふぐろがこんなにたくさん

DSC_2906.jpg

かつて亘理に暮らす人たちは、1升のお米などを着物の残り布で仕立てておいた袋に入れ、感謝の気持ちをあらわしてお土産やお返しとして手渡していたそうです。

今でも「ふくろ」がなまって、ただ「ふぐろ」と呼ばれています。

震災により建物を取り壊すことになった町内の呉服店から昭和の時代の古い生地をゆずりうけ、「ふぐろ」プロジェクトがスタートし、現在は全国から寄せられた着物の生地で作られています。

お米を入れて手渡したというエピソードにちなんで、原型となる1升サイズの大、中(5合サイズ)、小(1合サイズ)があり、すべてリバーシブルでお使いいただけます。

旅行の荷物の小分けやbag in bagにちょうどいいサイズです

サロパラでは東北チャリティブースで販売します。

包装も簡単にですがさせていただきますので、プレゼントにも

シンボルのいちごストラップも、ひとつひとつの柄が違ってとっても可愛いですよ

DSC_2904.jpg

わたりのふぐろのプロジェクトの成り立ち等は、HPをぜひご覧くださいね。
http://watalis.jimdo.com/
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。